2006年02月17日

経営改善-E 

☆☆☆ 経営改善-E! ☆☆☆

しばらくぶりに書きます。・・・m(_ _)m!たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
読者の皆様・・・(*^o^*)オ (*^O^*)ハ (*^。^*)ヨー!・・・ゴザイマス。。。演劇演劇演劇

『3%の経営改善!!』
・・・たったこれだけなのだ!
3%の改善なら、病院経営は難しい事ではない。・・・簡単です。手(チョキ)

○○会さんグループ病院のどこかの病院の財務状況を知っていますか??

知らない経営者って?・・・何なんだろうね?
経営に困っているのなら・・・何故?知ろうとしないのでしょう
何故?情報を集めないのか?
どうしているのか?
どうしたいと思っているのか?
何を頼っているのか?・・・

個人のそれぞれの想いとは関係なく、医療改革!
診療報酬改正は着々と進んでゆきますよ。
骨子はもう既に決まった事なんだから粛々と進んでゆきます。

経営に困っているって?本当ですか?
いろいろ、病院を回っていますが・・・赤字なのにそんな風に見えないね!

院長、事務長、理事長・・・貴院は幾らのベッド数で幾らの売り上げですか?
450床で、年間150億上げているところもあります。
70床で、月額3億のところもある。
・・・何処かって!!・・・公けの病院じゃない。。。単なる民間病院です。

Webでは、たくさんの情報公開がなされています。
困ったと言っていますが、困っている標準を持っていますか?
何が?何処が?困っているのか?
全体で赤字だとか、累積が増えるとか言っても漠然としていてはダメです。
細分化すればおのずと見えてきます。

取り組めない?指示できない?言えない?
どうしていいのか解らない?
・・・こうなれば、もう幼稚園児以下だ。
院長、事務長なら・・・孫以下ということになる。でも、現実にたくさんいるんだよな。
だから、赤字病院ばっかりなんだけどね。

だから、業者にもいいように食い物にされているケースも多々あるね。爆弾爆弾爆弾

もう経営者の資格はありません。・・・なんかね、経営者の生気(オーラ)が無いのよね。
ひと目見りゃ直ぐ解る。
皆、用度課の係長レベルだね。
税金を使っている方は、早く死んでしまいなさい。。。と言いたい。

最近、・・・『解った。こうしよう!』なんて、聞いたことが無い。
一昔の院長や事務長には即決が多かった。。。経営感性だろうな!
院長様、事務局長様って・・・凄いなぁって、感じがあったね。ひらめきひらめきひらめき

細かい事なんて知らなくって当たり前。・・・だって、下に会計課長とか用度課長とかいるんだから

経営者の人を見る目とか洞察力だね。。。
ドウサツリョクって・・・知ってる?知らなきゃもうアカンです。
あなたは、持っていますか?
情報の判断能力ありますか??

『君の言っているのはこう言う事だな。じゃ、直ぐやろう!担当者を呼ぶよ。』・・・昔は早かったね。
今は、・・・検討しようとか、どう思うねとか回りに聞いている。。。結局ウダウダ言って終わり。

検討するというのは、結局何もしないことだから・・・

コンペばやりも何か変?おかしいね。あれは、紙芝居だね・・・単なる芝居だ!

いろんなプレゼンって経営的にはあまり意味が無いように思いますが。。。少し異論あるかな!ダッシュ(走り出すさま)

全部イベントで、結局談合で高かったりする・・・でも、業者のシナリオ通りで進んでゆく。多分それさえも解らないだろうな。

経営の勉強会?・・・経営ってそんなレベルでいいのか?
地域で集まって経営的な勉強会をしています。つきましては、この課題でプレゼンお願いしますって・・・

今、勉強中って・・・かなりのかなりの年配が集まって・・・このレベルでどうかと思うけどね!
まぁ〜でも、これが現実です。
まぁ、俺には恐ろしくって判断が出来ない。。。在任中はそのまま、無難に終えたい。
次の天下り先に行きたい。

でも、国から県からどんどん指示が来る。・・・補助金も削減される。
何で、こんな状況に院長や事務長になったのかって・・・(◎o◎)!


さて、また怒られるのでこの辺で終わりにしよう。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
70床で月額3億のところは、年36億ですね。
日帰り手術もバンバン行なっています。

赤字経営の病院には、信じられませんでしょう!
この施設には、目先の3.16%ダウンなどあまり関係ありませんね
10%ダウンでもやって行けるという事ですから、もっと先を見て経営しています。

総合力、組織のモチベーションかな!そんなものです。
単純に企業は人なりです。。。という、所以です。普通に考えれば可能な事なのです。


◇◇◇ By:mmm ◇◇◇  (*^^*)/~~see you again!手(パー)手(パー)手(パー)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【タイトル】     50兆円!医療ビジネス発信!
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
【配信中止はこちら】  http://www.mag2.com/m/0000172635.html
【発行者Webサイト】 http://ihnjapan.seesaa.net/ IHN JAPAN 設立準備室
ご意見、ご感想がございましたらお手数ですが下記アドレスまで願いいたします。
貴重なご意見としてご参考にさせていただきます。
【メールアドレス】  ihnjapan@yahoo.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by mmm at 17:21| 🌁| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

謹賀新年!

かなり遅いですが、
あけましておめでとうございます。
もう直ぐ、旧正月になってしまいますね。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

今、新しい会社作ろうと奔走中です。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
いきなりIHNが理想ですが、やはり知っていただかないことには無理なので
・・・

どこの馬の骨ともわからない者には・・・どうしても無理と言うものです。

知っていただく必要がありますし、ご賛同いただければ大変ありがたいのです。


そこで、コツコツと活動する拠点として新たに医療コンサルタント会社を作ることにしました。
有志と一緒に社名を考え中です。
4月より新会社法もありいろいろ柔軟な事が可能になりますが考え中です。


活動拠点としての組織を作って医療経営をサポートしてゆきたいと考えております。

一般的にはたくさんのコンサル会社は既に存在しているようですが、はっきり言って現状の活動内容はよく解りません。exclamation&questionexclamation&questionexclamation&question

どこも何かしらのコンサル会社が入っていると思います。。。たぶん??!!


でも・・・そうだとしたら、コンサル会社が入っていながら何故?多くの病院が赤字なのでしょうか?exclamation&questionexclamation&question
そこが、とても不思議な事です??
プロ?なのでは?と思うのですが・・・

営業活動して、病院を訪問すれば実態が見えてくることでしょう!

私は特化した短期の経営サポートを手がけてゆく予定です。
・・・でないと、今回の3.16%ダウンは、経営的な側面をバックアップするには早めに対応しないと間に合わないと考えます。

比例的に大きくなりますから大きな病院ほど莫大なお金が失われてゆく事になります。
200億なら、6億3200万円だ(◎o◎)!(◎o◎)!

そんな訳で、最近、走り回っておりまして、ちょっとサボってしまいました。
ではまた

よろしくお願い申し上げます。

雪国の方、頑張ってください。。。雪雪雪
もう直ぐ春です。
ご自愛くださいませ

◇◇◇ By:mmm ◇◇◇
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【タイトル】     50兆円!医療ビジネス発信!
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
【配信中止はこちら】  http://www.mag2.com/m/0000172635.html
【発行者Webサイト】 http://ihnjapan.seesaa.net/ IHN JAPAN 設立準備室
ご意見、ご感想がございましたらお手数ですが下記アドレスまで願いいたします。
貴重なご意見としてご参考にさせていただきます。
【メールアドレス】  ihnjapan@yahoo.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by mmm at 15:03| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

医療経営-D

☆☆☆ 医療経営-D! ☆☆☆

診療報酬3.16%と発表!・・・これまでにないダウン率!
これって、単純に100億の収入が3億1600万ダウンということですよね。

3.16%の利益があった施設は、来期、あっけなく簡単に飛んでってしまいました。・・・と言う事ですよね。
何と、・・・普通のビジネスで、3億の利益を稼ぐって大変ですよ!
今時期、医療で10%の利益は難しいので、5%を稼ぐとすれば、約60億の売り上げが必要です。。。

でもこれで良いんです。。。ヽ(*^0^*)ノ
これが、現実ですからね!反対してアップするのも変ですから、流れとしては下げるしかない。
下げ幅の問題ならば、流れてゆくしかない・・・と思います。

さて、これから早速どうするかだけを考えて行く意外に無いのです。
たった、3億1600万円という風に考える人もいる訳です。
450床で150億の売り上げを上げているところは、次のそして次の改正でもなんら問題ない訳です。
これを経営的な見通しと言います。
2年毎に決まっている事を騒ぐのも無能です。パンチパンチパンチ

また製薬メーカも儲かっていますよね!・・・だから薬価も下がる。。それもたった、1.8%だけ??
薬価の価格って言うのもひどいですね・・・今、制度的に決められていますが、こんな風に決めていいのでしょうか???????

標準価格とかがあって、次に値引きがあってとか!
それが普通のようですが、薬価にはそうゆものが無い??

何故でしょう??素直な疑問です。・・・厚生省官僚イコール悪代官、族議員!癒着!賄賂!料亭!接待!利権!
同じように銀行のゼロ金利政策も、庶民にはデメリットしかない。。。やる事なす事全部企業有利の政策です。

何か・・・どろどろしたものが見えるのは間違いですか?
ダンボールのお金?献金?・・・もうそんな時代じゃないと思いますがねパンチパンチパンチ


14年度全国統計で、済生会が29施設、日赤が57施設赤字です。
大きな組織としては、自治体に続いて日赤です。
でも、公的病院は基本的に独立採算ですから、公立病院と比較しても仕方ない事ですからね

さてさて、恐れながら申し上げますと、両方とも経営的には無策でしょうから、今回の改正で赤字施設が増える事になります。。。

・・・でも考えようによっては・・・もし、来期赤字施設数が同じなら、何だ改善できるじゃないか?・・・と・・・それじゃ、何故今までしなかったのと言う現象も出てくるかもね

でもまあ、100歩譲って普通で考えるなら、収入が下がった分だけ単純に赤字施設が増えるだけですね。
悪くなる根拠はあっても、良くなる根拠は無い!

日赤が済生会より赤字施設が多い・・・(◎o◎)!
これって、日赤本社は問題把握したほうがいいと思いますよ。

別に両者はライバルではないけど、トップの皇后様と宮様は似ていますから・・・
皇后様の方の赤字施設が倍くらい多い。。。
それは、宮様が頑張っておられるから・・・という理屈にはなりません。

この両者のデータを見て、マクロ的に見て、国立病院から日赤病院を終わった院長は使い物にならないと言えます。
天下りみたいなもので・・・大体適当な良い年齢になるようになっていますので、幸い日赤から被害はこれ以上拡大しないのです。・・・たぶん(◎o◎)!
済生会を終わった院長はまだ使える人が残っている可能性が・・・と、確率的に考えられる。

経営ですから、単純に明らかにするには、個々の病院の院長が在籍期間中に経営改善したのか?具体的に遡って、着任以降、比較すれば明らかです。
例えば、借金は減らしたのか?利益は出ているのか?患者の伸びは?在院日数は?などなど・・・

各統計は全部公開され、世の中に出ています。
その結果として日赤病院が57ヶ所赤字ですということ。
院長は経営者ですから・・・たぶん言い訳はしないでしょう!!

ええっ・・・も、もしかして自分の病院の経営がどのポジションにあるのか知らない!!
そっか、知らない院長や事務長もいるだろうね・・・爆弾爆弾爆弾

とにかく、早急に3.16%改善しないと来期、確実に減る事だけは確かないようです。
借金が増えるのか?何とか現状維持なのか?改善するのか?改革するのか?

たった、3.16%の改革です。ひらめきひらめきひらめき
医療の世界はまだまだジャブジャブの雑巾です。・・・なぜなら現実に、450床で150億の売り上げで大幅な利益を生む民間病院もたくさん存在するのです。

もっと、はっきり言うなら、国立大学や慶応など有名なところを出ている立派な院長でも、民間病院の院長より経営力では明らかに劣ると言う事です。

変化!・・・自治体病院がどんどん売却し始めています。
川崎市立多摩病院も指定管理者として、運営を民間にしましたね!

クリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマス
◇◇◇ By:mmm ◇◇◇手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【タイトル】     50兆円!医療ビジネス発信!
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
【配信中止はこちら】  http://www.mag2.com/m/0000172635.html
【発行者Webサイト】 http://ihnjapan.seesaa.net/ IHN JAPAN 設立準備室
ご意見、ご感想がございましたらお手数ですが下記アドレスまで願いいたします。
貴重なご意見としてご参考にさせていただきます。
【メールアドレス】  ihnjapan@yahoo.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by mmm at 17:19| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

医療経営-C

☆☆☆ 医療経営-C ☆☆☆

病院は、会社経営と同じです。・・・似ていますのしておこう。(^。^A;)
組織は機能を分化して、それぞれの役割を果たして経営的にマネジメントされます。
IHNの考えは、病院の統合経営ですが・・・やっぱり経営のプロが必要です。

会社組織を例にとると、100営業所あればわずか2割の営業所が全体を率いています。
実質は1割です。
全体の5割が上がりもせず下がりもせずの状態です。
それでは、営業市場が無いかと言えばたくさんあるのです。
ただ、専業としての業務をしないだけなのです。・・・どういう訳か?どこの会社もそうなっている事が不思議です。

自治体などの公立病院は、国立病院と同じように国の裁量で売却とかバッサリ対応するしかないと断言します。既に、社会保険病院は決定されちゃったからね!爆弾爆弾爆弾

ええっ!経営改善ですか?・・・そっ、それは今からでは、もう手遅れです。
手の施しようはそれなりにありますが、・・・基本的に無理です。爆弾爆弾爆弾

組織として独自に動けないどうしようもない仕組みにしてしまったので、それにこれからそんな無駄な事に税金をかけていられなくなってしまった。・・・そうです。公立病院の経営改革はもう無駄な事になってしまった。・・・そうですよね!石原知事!中田市長!手(チョキ)

今、国立病院を解体、再編成している訳ですからね。
それほど、ひどい状況だと・・・一般庶民は思いますが、たぶん働いている人は認識が無いと思うのです。

もう個別的な責任はありません。だから、行政指導でやるしかないでしょうね!

民間病院は、・・・そんな悠長に構っていられませんから日々考えられる経営手法を駆使して行なっている現実です。研修、セミナーなど、よかれと思えば積極的に参加します。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

さて問題は、残るその中間の日赤、済生会など公的病院だと思うのです。
自分で急遽、対応する必要があります。

でもこの団体の経営改善の処方箋。・・・本当は簡単なのです。
それは、過去に機能分化して独立採算性を取っていますが、マネージメントの集約です。
そこで、IHN的発想が自然と出てきます。・・・統合・ヘルス・ネットワーク
今、それぞれの病院で経営が分散している事が、問題です。

時代背景として地域に支店を開業したり、分散したり、事業部制が良かれと言う時代もあったのですが、経営的に今では単独経営は無理と言う事です。
ただそれだけの事なのです。

経営を元の中央にまとめれば済む話です。
中央指導で拡散して、また中央指導に戻るだけなのです。

あの〜
コムスンは、1200ヶ所に営業所を増やし、300ヶ所に集約し、また1100まで広めています。
どこかおかしいでしょうか?・・・状況にあった柔軟な経営をしているだけなんですね。
このように組織内部のフレキシブルな対応ですが、末端のお客様に迷惑かけていないというのですから大変学ぶべき点がございます。

例えると怒られそうですが、独立採算の支社長制を止めて、院長は会社で言うなら営業所長ということにして診療や臨床に関しての専門営業業種を行なう。・・・経営はしない。

怒られない例えなら、市町村合併と同じです。・・・そもそも昔はこれほどの市町村は無かったわけですからね!
時代背景として国は機能分化し、3800余り?の市町村を作った。。。そして、今は統廃合しなければダメと言う事です。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

逆に言いますと統廃合してもリカバリー可能な状況にあるということです。
それは、ITをはじめとした、あらゆるインフラのネットワークが可能となった時代背景があると考えられます。飛行機新幹線右斜め上

今や北海道でも一番遠い沖縄でも、翌日に荷物が着く時代なのです。
それが、40年や50年前の体制を存続させる事にはどうしても無理(ひずみ)があります。

今、問題のあらゆる組織は、このような現在のすばらしいインフラを活用しない状況まで・・・腐りきってしまいました。

既成や書類がやたら多いのもおかしいのです。・・・旧態依然とした銀行は要らなくなるわけです。
文章を持って中央にゆくのもおかしい時代です。交通費も無駄です。
電子ファイルで十分です。・・・税務申告もWebで可能になりましたよ。

顔を見たければ遠方であってもスクリーンで見ながらの大会議も可能なのです。
わざわざ地方から東京に来る事は大きな無駄です。交通費、移動時間、宿泊費など
月一回ではなく、年に一回で十分なのです。
80施設、90施設のその金額たるや膨大です。

基本的な経営コンセプトは、『標準化、統一、統合』なのです。
会計の連結決算しかりです。

異なることでは、・・・そうですね!各種学会に出席して勉強する。

申し訳ございませんが、院長さん同士が競争や派閥争いで喧嘩している場合ではありません。そんな次元はとっくに過ぎました。
全体の累積赤字を見れば解るはずです。

例えば、日赤のある病院の院長に命令が来て、港区の本社に呼ばれて全体の経営を任せると言われたらどうしますか?
その時からいきなり90病院の経営がのしかかってきますよ。

今までとは、次元の違う問題が目の前に訪れます。
院長先生は大小の病院規模に関わらず、誰でも同じ立場なのです。

院長先生の皆様、くだらない経営(専門分野外)から楽になりましょうよ!
グループ全体が、同じ経営手法を取りましょう!・・・経営なんてくだらない事はしなくていいのです。
医療の専門職として、全意識を臨床の患者さんのために向けてください。

院長は、ベッドサイドが似合っても、デスクは似合わないよね・・・m(_ _)m
経営トップの部屋なのに医局みたいに、資料が山積みされている院長室がある。(◎o◎)!
病院病院病院

◇◇◇ By:mmm ◇◇◇演劇演劇演劇
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【タイトル】     50兆円!医療ビジネス発信!
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
【配信中止はこちら】  http://www.mag2.com/m/0000172635.html
【発行者Webサイト】 http://ihnjapan.seesaa.net/ IHN JAPAN 設立準備室
ご意見、ご感想がございましたらお手数ですが下記アドレスまで願いいたします。
貴重なご意見としてご参考にさせていただきます。
【メールアドレス】  ihnjapan@yahoo.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by mmm at 16:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

医療経営-B

☆☆☆ 医療経営−B ☆☆☆

我が日本には、100歳以上が2万5554人いるそうです。
長寿、世界一であります。・・・誠にすばらしいですね!手(チョキ)
世界の一等賞というのは、なかなか難しい訳ですが、ニッポンは今や当たり前で毎年連続取り続けているのです。

わが国は、貧しい戦後復興を踏まえて、国は厚生省官僚?と共に国民を貧困から今日まで豊かにしてきたのであります。・・・当時の官僚の社会的使命感はすばらしかったと思います。

1等賞!・・・個人的な考えで誠にすみませんが、
1等賞の金メダル!手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)
これで国の行政指導での使命は終わったのであります。・・・ひと段落という事かな!
従って、1等賞はそれなりに継続しつつ、診療報酬改定などの国としての経費削減は当然と思います。

診療報酬点数が下がると言って、大騒ぎしていますが・・・元々は点数×10円なんてのは無かったわけですからね!
以前勤めていた会社の社長が、「保険点数なんて元々は無かったんだから、ガタガタ言うな。あるだけありがたいと思え!」って、言っていました。

行政指導というのも大変ありがたいもので、高い診療報酬点数をいただいて儲けた時期もあったわけですからね!
それで作ったものを無くして、新しいものに変更する事も別に良いのではと思います。

近年、介護保険も高い設定で各業者さんは雨後のたけのこのごとく乱立し、儲けてきたわけです。
来年から下がると言っていますが、下がるのではなく、現況の情報収集して再構成、再構築するわけです。
これは単なるビジネスサイクル(循環)ですから当たり前の事です。

回りはどんどん変わってゆくのに、これまでとか違うとか、変わりたくないって言ってても、元々無いところから作ったわけなので、反対とか抵抗とかしてもそれは無理というものです。

同じく、昭和の古い法律に従って、法治国家だからって言うのも変です。
世界で、50年以上も憲法が変わらない不思議な国とか言われています。
IT犯罪に法律がついていけないのと同じで、病院経営者は変化に柔軟に対応する事が必要です。

カトリーヌ(ハリケーン)が来るよと言っているのに行動しないのも変ですからね・・・だから行動せず、対応しないところは潰れたりお亡くなりになるわけです。台風台風台風

DPCや定額医療ということで、個々の項目ごとの点数はもう無くなりつつあります。
また、訪問介護などや往診も可能となったり・・・何か大昔に戻った感じがあります。

小生小さい頃、記憶は無いのですが、田舎で下痢が激しくて死にそうになったようです。
町医者に何とか往診してもらい一命は取り留めたようです。
(ちなみに徳洲会の徳田虎男理事長のお話は大変有名ですが、小さい時、弟さんは往診してもらえず亡くなりました。それがキッカケで日本一の24時間診療可能なグリープ病院を作りました。・・・人のエネルギーたるやすごいものですね。)

診療報酬改定!・・・異論は多々ありましょうが、私はまぁ〜よろしいのではないかと思います。
だって、32兆円もの医療費ですよ。
1兆円単位で話されてもホント困るのでありますが・・・
国家予算は83兆円!そのうち35兆円あまりが国債などの借金でしょう!

公務員も減らさなければ日本丸は沈没してしまいますが、医療費の32兆円も多すぎです。
20兆円ぐらいまで落とさなければと思いますが・・・
直ぐには現実無理ですから、介護保険と合わせても将来的に増やさない仕組みが必要です。

70歳から3割とか・・・個人負担を上げる。これはあまりにも能が無いと思います。
上げて32兆円のどれくらいになるのでしょうか?

これ以上の医療費を増やさないで、むしろ減らしながら、医療の質を保持し更に新しい医療問題にも取り組む体制にしなければなりません。
何故なら、
・現実医療問題・・・山積み
・未曾有の老人社会の到来
・少子化対策

減らす事が無理というなら・・・何を根拠に無理なのか?お聞きしたい。。。
紙切れの国債を印刷して、日銀のお金も同額に印刷して・・・具体的な対策も無く!どうしたいのかな??
改革なんだから・・・もっと驚くような対策があってほしいね爆弾爆弾爆弾

これからだんだんと寒くなりますが、風邪を引いて、みんながドヤドヤと病院に行って、それで医療費が高いって言うのも今時期チョット無理があるような?

いろいろご意見は自由ですが・・・風邪ぐらいは薬局の葛根湯とか民間薬でも良いのでは・・・とも思うこの頃です。30年、40年前ではないのですからね・・・
外国人が日本に観光に来て、薬局で大量の民間薬を買ってゆくのも解ります。・・・結構効きますから!

経営的なお話で、先に徳洲会の話題が出ましたので、ついでに・・・
徳洲会さんはこれまで、社会的なご非難を多々浴びながら、今や日本一、世界第3位と言う病院規模になった。
病院の総売り上げ、3000億円とも言われております。病院病院病院
最近では国内のみならず、ブルガリアをはじめとして諸外国にドンドン病院を作り始めました。

・ゼロから、土地を買い、病院を建て、補助金も無く、ドクターも看護士も集まらず、何も無く厚生省や医師会等の抵抗勢力ばかり多くて・・・それで日本最大の病院グループ法人です。
・まだまだ医師会などからご非難されている事も事実です。・・・でも180施設あまりの医療施設を持ち、3万ベットを保持して24時間体制で、地域医療に当たっているのも現実です。病院
・医師会との対立も結構ですが、今や無くなればいいという事にはなりません。
・庶民は、徳洲会の24時間病院がどんどん増えてゆく事に対して、行政や医師会が何を反対しているのか理解できないのです。・・・おいらも
・子供を抱えた幼いお母さん・・・だいたい幼子は休日に熱を出したりしますね!そんな時、公立病院は優しく受け付けてくれますか??
・そんな時は近所の徳洲会病院に行けば良いんです。・・・やさしく嫌な気持ちになる事も無く(^。^A;)
・患者にとっては結構いい人ばかりだと思うけど・・・

以前、都立病院が救急救命体制をやっているのかって話題になって、・・・でも、石原都知事が何かのとき都立病院に運ばれるのでしょうか??
違うな!きっと、私大の病院だよな・・・何処かおかしいよね!おかしいでしょ!

小渕さん、田中角栄・・・確か私大だったでしょ!
総理大臣だから、やっぱり天下の東大とか医科歯科じゃないの・・・
総理大臣は、緊急搬送先が東大と決めておけば良いと思うな・・・おいら
群馬県知事は群大で千葉県知事は千葉大・・・

他に、民間では上尾グループ、戸田グループ、セコムなどの大きな法人もあります。
税金をもらって経営しているわけではないし、土地もタダではないのです。

公立病院は幾ら補助金を出しても経営が出来ないので、自治体から大変なお荷物となっています
市町村の統廃合と合わせて、具体的にどうするのでしょうか?とお聞きしたい。

医療保険と介護保険を分けているのも変??だと思う私です。
その隙間を埋めて大変苦労されているケアマネージャーさんとかがいるはずです。

普通、隙間が出来ると当然行き届かなくて、亡くなる人もいるのです。どんっ(衝撃)
その対象が主に老人だから(家族も社会的もいらないもの・・・)今は大きな問題にならないのです。・・・たぶん!

しかしながら、これらの件数は今後、急増して多くなりますので、その時にやっと社会問題になるのです。
死亡率ランキング一覧施設とか、日経メデイカルとか東洋経済に出ますね・・・たぶん!どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)

◇◇◇ By:mmm ◇◇◇パンチパンチパンチ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【タイトル】     50兆円!医療ビジネス発信!
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
【配信中止はこちら】  http://www.mag2.com/m/0000172635.html
【発行者Webサイト】 http://ihnjapan.seesaa.net/ IHN JAPAN 設立準備室
ご意見、ご感想がございましたらお手数ですが下記アドレスまで願いいたします。
貴重なご意見としてご参考にさせていただきます。
【メールアドレス】  ihnjapan@yahoo.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by mmm at 14:58| ☔| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

医療経営-A

☆☆☆ 医療経営−A ☆☆☆

以下、太字は厚生省が最近発表した内容です。

【医療構造改革厚労省試案の概要】
医療費の伸びの抑制

1.中長期的対策として医療費適正化計画(5年計画)において、政策目標を掲げ、医療費を抑制
(1)生活習慣病の予防の徹底:医療保険者に対し健診・保健指導の実施を義務付け
<政策目標>
生活習慣病患者・予備群を25%減少させる(平成27(2015)年度)
(2)平均在院日数の短縮:在宅医療の促進、病床転換等
<政策目標>
全国平均(36日)と最短の長野県(27日)との差を半分に縮小(平成27(2015)年度)
これらの政策の効果としての医療費削減額も計画に明記
○3年目に検証し、対策を強化するとともに、達成状況に応じた都道府県・医療保険者の負担の特例、診療報酬の見直し等の措置を通じ、取組をさらに強化

2. 短期的対策
(1)公的医療保険の給付範囲の見直し
a. 高齢者の患者負担の見直し(現行:70歳未満3割、70歳以上1割(ただし、現役並み所得者2割))
ア. 平成18年度から現役並み所得の70歳以上の者は3割負担
イ.平成20年度から更に高齢者の負担を見直し前期高齢者(65〜74歳)2割負担、後期高齢者(75歳以上)1割負担(現行どおり)
※高齢者の患者負担の別案あり、前期・後期高齢者とも2割負担(ただし、後期高齢者の低所得者は1割負担) 等
b. 療養病床に入院している高齢者の食費・居住費の負担引上げ 等
1.及び2.(1)によって、医療給付費の伸びを平成37(2025)年度に56兆円から49兆円に抑制(対GDP比:7.7%から6.7%へ)
(2)診療報酬の適正化

3. これらの方策を今後検討し、年末までに具体的対策を決定
○この他、経済財政諮問会議等の提案についても、医療費削減効果を機械的に試算


医療保険制度体系の見直し

1.都道府県単位の保険者の再編・統合
 〜保険者機能の強化−都道府県ごとの医療費水準と保険料水準の連動−〜
(1)政管健保:保険者として国から独立した公法人を設立し、都道府県単位で財政運営
(2)市町村国保:都道府県単位での広域化を推進

2.新たな高齢者医療制度の創設
 〜負担の公平化・透明化を通した負担について納得しやすい仕組み〜
(1)独立した「後期高齢者医療制度」(75歳以上)の創設
・運営主体は市町村。国、都道府県、医療保険者が重層的に支える
・高齢者保険料1割、医療保険者からの支援金4割、公費5割
(2)前期高齢者(65〜74歳)は被用者保険との財政調整により国保の負担を軽減
(3)高齢者の生活の質(QOL)を重視した医療サービスを提供

3.その他
(1)いわゆる「混合診療」への対応
(2)中医協の委員構成等の見直し
(3)ITの活用による効率化 等



概要以上です。
その他、シュミレーションのグラフもあるんだけど、信用できないんだよね!
医療費は、後10年で40兆円になって、2025年の56兆円を49兆円にしますって、言っております??
どうでもいいけど、アバウトだよね!パンチパンチ
国のシュミレーションって、東京湾のトンネルと同じで、数字を適当に作るからね!
真剣身が無いから信用できないんだよね!ふらふら

平気で予算が足りませんでしたとか、赤字なので売っちゃいます。とか、言うからねパンチパンチパンチ

しかし、歳出の事はあまり話しに出ないね。削減しないの??
使い放題の公立病院の経費を削減すれば、半分になると思うな!
国立病院、社保、県立、国保、町立、市立・・・公立病院これらをリストラ(再構築)すれば
今後、経費を増やす事を一切Stopさせ、医療費全体の32兆円の中でやりくりだね

32兆円の医療費の中で、公立病院の金額は幾らでしょうか?
・・・また、頭が痛くなってきた(◎o◎)!ー(長音記号1)

家計と同じです。
お金が無かったら、入ってくるところは無いのでやりくりだけです。
国だからといって無謀にやって良い訳が無い。
借金は借金で、ひ孫の代まで借金して何を考えているのでしょうか??

その内、お尻に火がついて自ら動き出すね!
国立病院と同じで、自治体病院、県立、都立、府立もそれぞれ首が回らなくなったら簡単に売っちゃうね!・・・たぶん!どんっ(衝撃)

自治体も、市町村合併もあり、借金抱えたもの同士が一緒になりましょうよって・・・
自治体も、ある意味もうどうしようもないんだから・・・

今、市長や知事がカリカリして一生懸命なのに、院長や事務長が何故か?分かっていないみたいですね。
かなり温度差があるねexclamation×2

◇◇◇ By:mmm ◇◇◇ダッシュ(走り出すさま)
*******************************************************************
【タイトル】     50兆円!医療ビジネス発信!
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
【配信中止はこちら】  http://www.mag2.com/m/0000172635.html
【発行者Webサイト】 http://ihnjapan.seesaa.net/ IHN JAPAN 設立準備室
ご意見、ご感想がございましたらお手数ですが下記アドレスまで願いいたします。
貴重なご意見としてご参考にさせていただきます。
【メールアドレス】  ihnjapan@yahoo.co.jp
*******************************************************************
posted by mmm at 19:19| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

医療経営-@

☆☆☆ 医療経営-@ ☆☆☆

最近新聞で診療報酬の記事が頻繁に出て、恒例になりつつあります。
結局、ワイワイ騒いでも反対しても決して上がる事は無く、下がる事は分かっていますので、その対策にエネルギーを注いだほうが懸命です。

だって、全国自治体病院や独立機構法人が反対しているとは思えませんのでね・・・

さて、問題は弱小の民間病院がどんどん潰れてゆく状況の中で・・・
国は診療報酬改正など、優しいのか?真綿のようなのか?緩やかに締め付けてゆくのでとりあえず1年単位では何とか少し息が出来たりする状況もあります。
でも、3.4年経つと経営的に累積赤字を抱える事にもなって、売却したいうわさが飛び交う事になります。ダッシュ(走り出すさま)

ほとんどの各自治体病院は、補助金が足りないと言って市の議会で上澄み予算を通してもらう事で経営的な改革は何もしない。
だから、平気で市からの病院補助金が10億20億と言うところもたくさんある。
何の具体案も無く異常な状態が延々と続いている。

そもそも経営者と言っても、市役所から定期的に来た名前だけ事務長で、2.3年したらまた役所の戻るのだ。いきなり医療経営と言ってもズブの素人だから仕方が無いのだ。がく〜(落胆した顔)

でも近頃!素人が病院経営を出来るほど生優しくはないのだ。
だから、どんどん湯水のごとく税金が使われるのだ。
たまたま、ある事務長や院長に少し経営センスがあると医療メデイアなどで紹介されるのだ。
でも他の90%以上の病院は膨大な赤字の垂れ流しで、全体あわせるとやっぱり膨大な累積赤字なのだ。
補助金まで使って、事務長雑誌のMMPなんかに格好良く写真入で紹介されてもね!・・・とても誉められないのであります(◎o◎)!

赤字・黒字の評価も補助金を当然組み入れて収支を行なっている訳だから、会計からして民間とは・・・頭が痛くなるほど話のレベルが大きく食い違うのだ。W(☆o◎)wガーン
結局、10億の補助金を入れてもまだ赤字なのだ。。。
嘘のようだけど、当たり前様にワンサとあるのだ。爆弾爆弾爆弾

ご興味のある方は、各種の統計は関連団体などのWebに掲載されているので参考にしてください。
公立、公的病院は掲載されています。・・・公開の義務があるのだ。
自治体病院の収支統計表の本も売っています。

例えば、とある県では40施設あまりの公立病院がある。。。その補助金、累積たるや膨大です。パンチパンチパンチ
補助金や補正予算などと名前はいろいろ変わりますが、全てあなたが支払う税金の垂れ流しです。

この中で、救急車は受け付けますが24時間体制を掲げている病院は一ヶ所も無く、実際の救急体制は民間病院が受け皿になっている現状だと思います。

国立の大学病院では、患者の会計が終わっていないのに5時になると窓口のシャッターがガラガラと下りて閉店してしまうのです。
そして、患者は夜間の別窓口で支払ったり、振込みになったりします。
・・・庶民病院とは勝手が違い、たまに公立の大学病院なんかに行くと・・・びっくりします。W(☆o◎)wガーン

◇◇◇ By:mmm ◇◇◇手(パー)手(パー)手(パー)
*******************************************************************
【タイトル】     50兆円!医療ビジネス発信!
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
【配信中止はこちら】  http://www.mag2.com/m/0000172635.html
【発行者Webサイト】 http://ihnjapan.seesaa.net/ IHN JAPAN 設立準備室
ご意見、ご感想がございましたらお手数ですが下記アドレスまで願いいたします。
貴重なご意見としてご参考にさせていただきます。
【メールアドレス】  ihnjapan@yahoo.co.jp るんるんるんるんるんるん
*******************************************************************
posted by mmm at 12:52| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

IHNとは!

☆☆☆ IHNとは! ☆☆☆

IHN(Integrated Healthcare Network)とは、広域医療圏統合ネットワークと言われるものです。
先にアメリカのセンタナの組織図を掲載しましたが、既にアメリカでは地域統合医療は集約されました。
詳細は、Webで「IHN」と検索すると見ることができます。

簡単に言えば、
もう病院単体では経営や医療の質が継続無理なので、病院が統合して地域医療ネットワークを築きましょう!・・・と言う事です。

日本には、全国的な自治体病院の大きな団体、そして日赤グループ病院、済生会グループ病院、厚生連グループなどの組織が多々あります。
しかしながら、大きくても経営的には全くまとまってはいない。

また、他方で各病院が所属する日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、医師会などの各種の団体もたくさんあります。
これも経営的なものになると国の医療改革の対する戦略的なものは全くないのである。
そもそもこれらの団体は単なるドクターの技術系から発足した技術団体なのだ!・・・たぶん。

学術的にとか、医療の質の向上とか・・・各種学会も技術者の集合体で診療報酬体制下での、まだまだ受身的な作業団体なのである。

医療改革には何も対応していないので、方向性が変わると経営的にあたふたとしている状況が見えます。
各種の団体ではマネジメント講習会など開いておりますが、幾ら開いても無理と思われます。。。
何故なら・・・本当に理解しているのなら既に具体的に変わっていると思います。民間では、速やかに対応しているところが多くあります。

各種団体の既成の組織的なスキームが改革の遅れを阻んでいます。
従って、国立病院の民間への売却などが、いきなりと思えるように見えたります。
これまで、国政は大変遅いように見えましたが、医療の世界では今や逆転してしまった様です。

国立病院の次は自治体病院となるでしょう!
自治体病院の売却も出てくるようになりました。

厚生労働省、医師会・・・もうにっちもさっちも立ち行かない、身動きが取れない状況です。
共産党の様のただただ、反対を言っているだけで、国民や患者のニーズに対応できないようになってしまっています。

自治体病院などの全国的な大きな団体でのIHN的に見た場合の経営的な問題点としては、大きな組織であればあるほど、医薬品や物品を高く買っています。

それぞれの病院は、マネジメントに関しては、ズブの素人だから高く買うことしか出来ないのです。・・・事務長は判子押すだけの仕事?!

簡単に言えば、知らないものは知らないのです。・・・理屈なんかありません。
何もしなくてもお給料は出ますから、無理して余計な仕事や問題を作らない。
また交渉経験がないので無理です。
それに予算と言う税金です。
何故、憎まれて価格交渉などするのでしょうか?・・・と言う感覚です。

国民医療費が高いと言ったって、安くする方法を知らないのだから仕方がないのです。
世の中の医療のスキームが変わったと言っても、事務長さんなどの公務員はお給料が減るわけではないので、残念ながら経営的には20年以上遅れています。
ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック w(☆o◎)wガーン

変なお話ですが、行政改革的にお上からの指示をただ待っているのです。
首をはねられるかもしれないのに・・・まさか首にはならないだろう!と思っている。。。

この安易な考えが根底にある。
でも、たぶん自ら身動きできない悲しい習性なのだ。
これまで中央の言う事を聞くような環境を作ったもの行政ですから・・・

*******************************************************************
【タイトル】     50兆円!医療ビジネス発信!
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
【配信中止はこちら】  http://www.mag2.com/m/0000172635.html
【発行者Webサイト】 http://ihnjapan.seesaa.net/ IHN JAPAN 設立準備室
ご意見、ご感想がございましたらお手数ですが下記アドレスまで願いいたします。
貴重なご意見としてご参考にさせていただきます。
【メールアドレス】  ihnjapan@yahoo.co.jp
*******************************************************************
posted by mmm at 13:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

IHN組織概要!

32兆円!
・・・たまたま医療費と同じ金額ですが、これは地方財政の税収です。
また、この金額はちょうど、340万人?いると言われている地方公務員の人件費に匹敵します。

地方財政の税収が公務員の人件費だけで使い終わってしまって・・・それでもまだ公務員だからクビを切れない矛盾??むかっ(怒り)パンチむかっ(怒り)パンチ
その公務員が所属している本体の自治体そのものが破綻する!・・・もう本末転倒です。ちっ(怒った顔)

もう次元を超えた公務員の人数と人件費である事を皆様、理解しなければならない。
民間の納めた税金が公務員の生活のためだけに使われて行く・・・これじゃ実質!民意なんて存在しないことになる。
選挙で選ぶ、市会議員も県会議員も・・・公務員の膨大な数にはあまり関係ない。

公務員をご非難しているのではありませんよ。
会社で例えると、
株式会社公務員の収支バランスが子供にも恥ずかしくてお話できない事が問題なのです。ふらふら

法的に首を切れないのなら、人事院で年俸を1/5にすれば自然退社して民間に流れます。爆弾
田舎では250万ぐらいあればそれでも十分ですね!


晴れさて、
アメリカのIHNの一つ、センタナの組織概略図を以下に掲載いたします。
アメリカではこのようなIHNが600機関あり、ほぼ全米を網羅しています。


上位組織からご紹介いたします。
まず、役員会があります。

◎Sentara Healthcare 役員会
CEO委員会
<構成メンバー:CEO、COO、CMO、CFO>
保険部門President、情報システム部門幹部

<機能>
経営目標設定、経営課題取り組み担当の決定、目標遂行状況のモニター、対外政策、財務戦略
予算承認、投資戦略、資源配分

CMO
【機能】
・医療の管理
・医師間の関係の構築
・医師の統合
・臨床の質
・臨床上の効率

COO
【機能】
・財務パフォーマンスのレビュー
・経営状況のレビュー
【ベンチマークとの比較評価】
・資本配分の戦略立案と運営
・顧客サービス
・契約締結


◎財団+Division of Community Health

以下、3部門に分かれております。

1.戦略・サポート部門   
• 戦略・企画部     
• マーケティング部     
• 情報システム部     
• 人事部       
• 財務部       
• 法務部
• 意思決定サポート部   

2.ケアサービス提供部門
• 病院・施設・・・所有6病院、提携病院
•長期介護・・・ナーシングホーム(7施設)生活介助施設(3施設)
•子会社・・・ 在宅ケア、ホスピス、 医療関連移送サービス、個人向けサービス
• 医師グループ・・・直接雇用医師190名+提携医師

3.保険部門• Optima
• 主としてHMO
• ファミリーケア・プラン
• 精神科医療プラン

IHN JAPAN
◇◇◇ By:mmm ◇◇◇










posted by mmm at 15:22| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

まぐまぐ「メルマガ」配信!

今日は久しぶりに晴れましたが、朝夕かなり涼しくなりましたね!晴れ

本日より、まぐまぐの「メルマガ」配信が許可されました。わーい(嬉しい顔)

不定期ですが、配信いたします。

よろしかったらご購読、そしてご参加くださいませ。手(パー)

登録フォームは左サイドバーの一番下にございます。

また、アイデアなどありましたらメールメールください。

積極的なご意見、ご感想を待っています。

よろしくお願いいたします。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

 IHN JAPN設立準備室
◇◇◇ By:mmm ◇◇◇


posted by mmm at 17:54| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

創刊ですよ。ヽ(*^0^*)ノ

☆☆☆ 『50兆円!医療ビジネス発信!』 ☆☆☆

創刊号です。
はじめまして・・・m(_ _)m
どうぞ、よろしくお願いします。・・・(^。^A;)

現在、国民医療費33兆円+介護保険事業7兆円・・・総額40兆円規模になっています。
今後、あっという間に50兆円、100兆円規模になってゆきます。

今、高齢化福祉社会といわれています。
急速に増える老人を見て、老人福祉として別扱いに言う人もいます。

2007年から、700万人と言われている団塊世代の定年退職が始まります。
これより5年間で、社会的に大きな変化が生まれます。

このように急速な高齢化に伴って、現在、介護福祉ビジネスも必要に迫られて急速に伸びてきています。メデイアでは、コムスンなどが有名ですが、関東一円ではセントケアさんも幅広く行っております。

国民医療費は長い歴史の中でやっと毎年1兆円規模で増えてゆくと言われていますが、介護保険はわずか5年足らずであっという間の7兆円です。
今後、毎年2兆円、3兆円規模で増えてゆきます。


医療保険と介護保険は、一応分けられております。
しかしながら、病気であれ、介護であれ、個人が肉体的に動けなくなることは誰かに依存する事になり、現在の医療とは密接なつながりが必要です。

現在の医療保険制度では、利益優先で儲からない部門は容赦なく切り離され、小児科医療など社会現象になって、現実の少子化問題とは真逆に乖離しております。

これでは、政治家がいくら声高々に少子化政策など訴えても、診療科が現実問題としては閉院したりして地域に無いわけですから、安心して子供を生める環境ではなく、少子化に歯止めがかかりませんね。

結婚、妊娠、出産、子育てと、いくらマスコミで評論していても何にも始まりません。
全てがお金と大変なエネルギーの要する現実問題で、子育てに少しでも不安があれば妊娠できない或いは控える状況です。

いろんな要因をあげればキリがありませんが、人間も動物ですから、本能的に今は子供を育てる環境ではないと解るのでしょうね。また、出産人数も本能的に控えるのでしょう!
結果としての現実が少子化なのです。これは、理屈ではありません。

次に老後の介護、療養問題になりますと急性期医療から切り離され、定額医療制度に移行され、姥捨て山(施設)へ護送されます。・・・(◎o◎)!

生まれてから亡くなるまでもっと人間性らしい一貫した連携の中での仕組みつくりが必要です。
病院を追い出された老人は、厄介者扱いで自分の家にも帰れない現実があり、いくつかの病院をたらいまわしされる事も多々あります。

また近年、老健施設や療養型施設の建築が間に合わないこともあり、入居ベット数が足りず現在、大勢の人が待ちわびている状態であり、完成すると我先にと殺到します。・・・大変、困った現象です。


さて、昨今の行政改革ですが、厚生労働省の本丸は難関です!
このまま、任せておいたのではとんでもない事になってしまうでしょう。

厚生労働省の環境は、既に在るものの既得権だらけで、身動きが取れずどうしようもない状態です。
リセットしたくても、その渦中に入れば、がんじがらめの状況でリセットさえ出来ない。
それでは、ひとつひとつ紐解くようにすれば良いが、これからでは途方もなく大きな時間的ロスとなり、老齢社会のスピードにとても間に合わない。

また、これまでの歴史的経緯から見ても、これからも決して国民の役に立たないと、・・・考える結論に至る。
この国は残念ながら、国が官がこれまで正しい事をしたことがないのだ。
やることがみんな的外れなのだ!

箱物を作ってもみんな経営が破綻し膨大な赤字だ。そして、都合が悪くなると簡単に転売してしまう??
何を考えているのかとても信じられない異常な感覚なのだ!

歴史ある銀行もあまり考えず平気で外資に売って丸儲けさせてしまう。・・・考える力がまったく無いのだ。

だいたい官僚全員が日本国株式会社の経営感覚なんてないのだ。・・・税金を使い切るだけの素人集団なのだ。・・・高学歴の集団って、一体何なのだ!

日本は確か資本主義国家だったはずなのだ。
しかしながら、莫大な金額をロストしても誰も責任をとらない、共産?社会主義?・・・なのか

1000兆円という、未曾有の莫大な借金だけ増やしてどうするのだ??
また、一般会計とは別枠の特別会計と言うところの不良債権は幾らあるのか解らないって??????????・・・w(☆o◎)wガーン
赤門(東○大○)では何を勉強してきたのだ。何を学んでいるのだろうか?
結論!東○大○はきちんとした、人間を育てていない事だけは確かだ。

東○大○もこれまで失敗した箱物同様、松下政経塾あたりに、1万円で売りなさい。・・・ヽ(*^0^*)ノ フォー
馬鹿な集団を批判しても借金も現実的にある訳で、もうどうにもならないのだ。(◎o◎)!


さて、これから具体的に50兆円、医療・介護ビジネスの集約化を図ります。

ご承知のように医療50兆円の世界には、さまざまな知的専門業種や既得権に守られた関連業務などが無数に混在いたします。
診療、看護、診療技術、医療事務、製薬、医療機器、厨房、SPD、ゼネコン、ファイナンス、サプライ、リネン、ベッド、車両、リハビリ、介護、療養、老健、グループホーム、経営マネジメント、などありとあらゆる業種が「生命・命」というコンセプトで結びついております。

しかしながら、これからの一番重要なツールは、高度医療を支える質の高い柔軟性のあるネットワークシステムとなります。
電子カルテの標準化、データベース、地域医療、ネットワーク、病診連携、セキュリテイ、経営マネジメント、・・・

これらは決して難しい事ではなく、それぞれの専門分野ではかなり高い精度で既に出来上がっております。

地域ごとの統合マネジメントが出来ていないだけです。
今は、個々の病院でバラバラなのです。
標準化、一元化、情報の共有、スピード、レスポンス、集中、選択、無駄を省く、・・

さてこれから統合医療(Integrated Healthcare)をどのようにすべきか具体的に考えてゆきますが、医療に関わる全てに関係各位が考える上においては、ほぼご賛同される事はもう当たり前なのです。
皆さんも充分解っている事なんです。
ただ、具体的にはアクションに個人差があり、遅いか早いかの差だけです。

それは何故でしょうか?
医療に関わる全ての人が、これまであらゆる既成における多くの既得権や業界のしがらみが盛りたくさんで、それが個人的に、組織的に、法人として、問題となっているだけなのです。
現在の医療の限界は、これらの既成システムのスキルとスキームの限界と似ております。

わが国の医療は、人間の心の中まで触れない、最初から医療の限界が見える悲しい医療システムを採用したのです。病気になったら対応する、対象医療なのです。
病気は一つの結果です。しかしながら、その原因を捜す手立てがない現在の医療システムなのです。

簡単に申せば、車が故障したら部品を取り替えて修理するような医療システムなのです。
交換部品がなければ、そこでおしまいです。
病気の原因を突き止め、心のケアする仕組みにしないと、現在のように人間を急性期、介護、療養などと工場のように振り分けて考えるような・・・そして墓場までベルトコンベアで自動的に運ばれてしまいます。

病気にならない様なケア、病気の再発をしないようなケア、日々の考えや生活環境を整えるケアも必要なのです。

本日、メルマガの創刊です。手(チョキ)今後、適時に配信してまいります。
よろしくお願いします。M(_ _)m☆^ヽ(*^-゚)vThank you♪v(゚∇^*)/^☆

関係各位のご支援とご協力をお願い申し上げます。

◇◇◇ By:mmm ◇◇◇
*******************************************************************
【タイトル】         『50兆円!医療ビジネス発信!』
【発行システム】『まぐまぐ!』  http://www.mag2.com/
【配信中止はこちら】  http://www.mag2.com/m/0000172635.html
【発行者Webサイト】  http://ihnjapan.seesaa.net/
                IHN JAPAN 設立準備室
ご意見、ご感想がございましたらお手数ですが下記アドレスまで願いいたします。
貴重なご意見としてご参考にさせていただきます。
【メールアドレス】     ihnjapan@yahoo.co.jp
*******************************************************************
posted by mmm at 23:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめまして!ヽ(*^0^*)ノ

はじめまして台風
よろしくお願いします。m(_ _)mダッシュ(走り出すさま)

乙女座射手座双子座 by:mmm 山羊座水瓶座魚座
posted by mmm at 16:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。