2005年10月30日

IHNとは!

☆☆☆ IHNとは! ☆☆☆

IHN(Integrated Healthcare Network)とは、広域医療圏統合ネットワークと言われるものです。
先にアメリカのセンタナの組織図を掲載しましたが、既にアメリカでは地域統合医療は集約されました。
詳細は、Webで「IHN」と検索すると見ることができます。

簡単に言えば、
もう病院単体では経営や医療の質が継続無理なので、病院が統合して地域医療ネットワークを築きましょう!・・・と言う事です。

日本には、全国的な自治体病院の大きな団体、そして日赤グループ病院、済生会グループ病院、厚生連グループなどの組織が多々あります。
しかしながら、大きくても経営的には全くまとまってはいない。

また、他方で各病院が所属する日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、医師会などの各種の団体もたくさんあります。
これも経営的なものになると国の医療改革の対する戦略的なものは全くないのである。
そもそもこれらの団体は単なるドクターの技術系から発足した技術団体なのだ!・・・たぶん。

学術的にとか、医療の質の向上とか・・・各種学会も技術者の集合体で診療報酬体制下での、まだまだ受身的な作業団体なのである。

医療改革には何も対応していないので、方向性が変わると経営的にあたふたとしている状況が見えます。
各種の団体ではマネジメント講習会など開いておりますが、幾ら開いても無理と思われます。。。
何故なら・・・本当に理解しているのなら既に具体的に変わっていると思います。民間では、速やかに対応しているところが多くあります。

各種団体の既成の組織的なスキームが改革の遅れを阻んでいます。
従って、国立病院の民間への売却などが、いきなりと思えるように見えたります。
これまで、国政は大変遅いように見えましたが、医療の世界では今や逆転してしまった様です。

国立病院の次は自治体病院となるでしょう!
自治体病院の売却も出てくるようになりました。

厚生労働省、医師会・・・もうにっちもさっちも立ち行かない、身動きが取れない状況です。
共産党の様のただただ、反対を言っているだけで、国民や患者のニーズに対応できないようになってしまっています。

自治体病院などの全国的な大きな団体でのIHN的に見た場合の経営的な問題点としては、大きな組織であればあるほど、医薬品や物品を高く買っています。

それぞれの病院は、マネジメントに関しては、ズブの素人だから高く買うことしか出来ないのです。・・・事務長は判子押すだけの仕事?!

簡単に言えば、知らないものは知らないのです。・・・理屈なんかありません。
何もしなくてもお給料は出ますから、無理して余計な仕事や問題を作らない。
また交渉経験がないので無理です。
それに予算と言う税金です。
何故、憎まれて価格交渉などするのでしょうか?・・・と言う感覚です。

国民医療費が高いと言ったって、安くする方法を知らないのだから仕方がないのです。
世の中の医療のスキームが変わったと言っても、事務長さんなどの公務員はお給料が減るわけではないので、残念ながら経営的には20年以上遅れています。
ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック w(☆o◎)wガーン

変なお話ですが、行政改革的にお上からの指示をただ待っているのです。
首をはねられるかもしれないのに・・・まさか首にはならないだろう!と思っている。。。

この安易な考えが根底にある。
でも、たぶん自ら身動きできない悲しい習性なのだ。
これまで中央の言う事を聞くような環境を作ったもの行政ですから・・・

*******************************************************************
【タイトル】     50兆円!医療ビジネス発信!
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
【配信中止はこちら】  http://www.mag2.com/m/0000172635.html
【発行者Webサイト】 http://ihnjapan.seesaa.net/ IHN JAPAN 設立準備室
ご意見、ご感想がございましたらお手数ですが下記アドレスまで願いいたします。
貴重なご意見としてご参考にさせていただきます。
【メールアドレス】  ihnjapan@yahoo.co.jp
*******************************************************************
posted by mmm at 13:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。