2005年12月06日

医療経営-C

☆☆☆ 医療経営-C ☆☆☆

病院は、会社経営と同じです。・・・似ていますのしておこう。(^。^A;)
組織は機能を分化して、それぞれの役割を果たして経営的にマネジメントされます。
IHNの考えは、病院の統合経営ですが・・・やっぱり経営のプロが必要です。

会社組織を例にとると、100営業所あればわずか2割の営業所が全体を率いています。
実質は1割です。
全体の5割が上がりもせず下がりもせずの状態です。
それでは、営業市場が無いかと言えばたくさんあるのです。
ただ、専業としての業務をしないだけなのです。・・・どういう訳か?どこの会社もそうなっている事が不思議です。

自治体などの公立病院は、国立病院と同じように国の裁量で売却とかバッサリ対応するしかないと断言します。既に、社会保険病院は決定されちゃったからね!爆弾爆弾爆弾

ええっ!経営改善ですか?・・・そっ、それは今からでは、もう手遅れです。
手の施しようはそれなりにありますが、・・・基本的に無理です。爆弾爆弾爆弾

組織として独自に動けないどうしようもない仕組みにしてしまったので、それにこれからそんな無駄な事に税金をかけていられなくなってしまった。・・・そうです。公立病院の経営改革はもう無駄な事になってしまった。・・・そうですよね!石原知事!中田市長!手(チョキ)

今、国立病院を解体、再編成している訳ですからね。
それほど、ひどい状況だと・・・一般庶民は思いますが、たぶん働いている人は認識が無いと思うのです。

もう個別的な責任はありません。だから、行政指導でやるしかないでしょうね!

民間病院は、・・・そんな悠長に構っていられませんから日々考えられる経営手法を駆使して行なっている現実です。研修、セミナーなど、よかれと思えば積極的に参加します。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

さて問題は、残るその中間の日赤、済生会など公的病院だと思うのです。
自分で急遽、対応する必要があります。

でもこの団体の経営改善の処方箋。・・・本当は簡単なのです。
それは、過去に機能分化して独立採算性を取っていますが、マネージメントの集約です。
そこで、IHN的発想が自然と出てきます。・・・統合・ヘルス・ネットワーク
今、それぞれの病院で経営が分散している事が、問題です。

時代背景として地域に支店を開業したり、分散したり、事業部制が良かれと言う時代もあったのですが、経営的に今では単独経営は無理と言う事です。
ただそれだけの事なのです。

経営を元の中央にまとめれば済む話です。
中央指導で拡散して、また中央指導に戻るだけなのです。

あの〜
コムスンは、1200ヶ所に営業所を増やし、300ヶ所に集約し、また1100まで広めています。
どこかおかしいでしょうか?・・・状況にあった柔軟な経営をしているだけなんですね。
このように組織内部のフレキシブルな対応ですが、末端のお客様に迷惑かけていないというのですから大変学ぶべき点がございます。

例えると怒られそうですが、独立採算の支社長制を止めて、院長は会社で言うなら営業所長ということにして診療や臨床に関しての専門営業業種を行なう。・・・経営はしない。

怒られない例えなら、市町村合併と同じです。・・・そもそも昔はこれほどの市町村は無かったわけですからね!
時代背景として国は機能分化し、3800余り?の市町村を作った。。。そして、今は統廃合しなければダメと言う事です。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

逆に言いますと統廃合してもリカバリー可能な状況にあるということです。
それは、ITをはじめとした、あらゆるインフラのネットワークが可能となった時代背景があると考えられます。飛行機新幹線右斜め上

今や北海道でも一番遠い沖縄でも、翌日に荷物が着く時代なのです。
それが、40年や50年前の体制を存続させる事にはどうしても無理(ひずみ)があります。

今、問題のあらゆる組織は、このような現在のすばらしいインフラを活用しない状況まで・・・腐りきってしまいました。

既成や書類がやたら多いのもおかしいのです。・・・旧態依然とした銀行は要らなくなるわけです。
文章を持って中央にゆくのもおかしい時代です。交通費も無駄です。
電子ファイルで十分です。・・・税務申告もWebで可能になりましたよ。

顔を見たければ遠方であってもスクリーンで見ながらの大会議も可能なのです。
わざわざ地方から東京に来る事は大きな無駄です。交通費、移動時間、宿泊費など
月一回ではなく、年に一回で十分なのです。
80施設、90施設のその金額たるや膨大です。

基本的な経営コンセプトは、『標準化、統一、統合』なのです。
会計の連結決算しかりです。

異なることでは、・・・そうですね!各種学会に出席して勉強する。

申し訳ございませんが、院長さん同士が競争や派閥争いで喧嘩している場合ではありません。そんな次元はとっくに過ぎました。
全体の累積赤字を見れば解るはずです。

例えば、日赤のある病院の院長に命令が来て、港区の本社に呼ばれて全体の経営を任せると言われたらどうしますか?
その時からいきなり90病院の経営がのしかかってきますよ。

今までとは、次元の違う問題が目の前に訪れます。
院長先生は大小の病院規模に関わらず、誰でも同じ立場なのです。

院長先生の皆様、くだらない経営(専門分野外)から楽になりましょうよ!
グループ全体が、同じ経営手法を取りましょう!・・・経営なんてくだらない事はしなくていいのです。
医療の専門職として、全意識を臨床の患者さんのために向けてください。

院長は、ベッドサイドが似合っても、デスクは似合わないよね・・・m(_ _)m
経営トップの部屋なのに医局みたいに、資料が山積みされている院長室がある。(◎o◎)!
病院病院病院

◇◇◇ By:mmm ◇◇◇演劇演劇演劇
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【タイトル】     50兆円!医療ビジネス発信!
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
【配信中止はこちら】  http://www.mag2.com/m/0000172635.html
【発行者Webサイト】 http://ihnjapan.seesaa.net/ IHN JAPAN 設立準備室
ご意見、ご感想がございましたらお手数ですが下記アドレスまで願いいたします。
貴重なご意見としてご参考にさせていただきます。
【メールアドレス】  ihnjapan@yahoo.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by mmm at 16:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。